2020年5月17日

福祉用具の介護保険制度について(レンタル編)

投稿者: kaiteki-kaigo

介護保険貸与(レンタル)について今回は書いていきます。レンタルができる商品は決まっており、上手に利用していけば保険で使えるものも多くあるので見ていきましょう!

介護保険レンタルの品目

レンタルができる商品は13品目と決まっています。そこにないものは介護保険レンタルは出来ませんのでご注意ください。

  1. 車いす
  2. 車いす付属品
  3. 特殊寝台
  4. 特殊寝台付属品
  5. 床ずれ防止用具
  6. 体位変換器
  7. 手すり
  8. スロープ
  9. 歩行器
  10. 歩行補助杖
  11. 認知症老人徘徊感知機器
  12. 移動用リフト
  13. 自動排泄処理装置

以上の13品目です。この中にある物は基本的に介護保険でレンタルがすることができます。杖や歩行器など先に買ってしまう方もいますが、レンタルの方が身体状況に合わせて変更ができますし、料金も安く経済的なので担当のケアマネージャーに相談した方がいいでしょう。

レンタル対象商品の中にも条件がある

上の項で介護保険を持っていると書きましたが厳密にいうともう少し詳しく分かれます。それがこちら・・・

  • 車いす
  • 車いす付属品
  • 特殊寝台
  • 特殊寝台付属品
  • 床ずれ防止用具
  • 体位変換器
  • 認知症老人徘徊感知機器
  • 移動用リフト

上にあげた8項目に関しては、原則要介護2以上の介護認定が必要になっています。

  • 自動排泄処理装置

※自動排泄処理装置については「排便機能を有するもの」は要介護4,5の方が対象になります。

介護保険の制度でたくさんの商品を借りることができます。最新のもが価格も安く借りることができるので上手に使っていきたいですね!