2020年5月19日

福祉用具の介護保険制度について(購入編)

投稿者: kaiteki-kaigo

前回の記事で福祉用具のレンタルについて書きましたが、今回は購入について書いていこうと思います。購入品も1割から3割の値段で商品が購入できるためとてもお得なサービスです。それでは見ていきましょう!

介護保険で購入ができる品目

介護保険で購入ができる商品についても品目が決まっています。

  1. 腰掛便座
  2. 自動排泄処理装置の交換可能部品
  3. 入浴補助用具
  4. 簡易浴槽
  5. 移動用リフトのつり具部分

以上の5品目です。入浴補助用具には、シャワー椅子、浴槽台など頻繁に使うものも含まれていますので購入の際は福祉用具業者やケアマネージャーに相談をした方が良いでしょう。

購入の際は専門家に相談し検討を

介護保険で購入の商品は、同じ商品を何度も購入することはできません。介護保険のレンタル品と違い交換をすることもできませんので専門家とよく相談をした上で購入を進めてください。

お風呂の椅子もこんなにたくさんの商品があるの?どれを選べばいいかわからないわ…

専門のスタッフが身体状況や住環境を見てアドバイスをくれますので相談をするのが1番です!

基本的には一度の購入で買いなおしができない為、今後の生活など長く使うことを念頭に置きながら選んでいくことも大事かもしれません。

まずは相談。専門の人たちの意見も取り入れつつ検討していきましょう!