2020年5月17日

歩行器?シルバーカー?どちらを選べばいいの?

投稿者: kaiteki-kaigo

高齢者が最初に使い始める代表的な福祉用具というと、「歩行器」「シルバーカー」ではないでしょうか?生活をしていくには、買い物や病院に行ったり移動はつきものです。それを補助する福祉用具の代表ですね!今回は「歩行器」「シルバーカー」の選び方を見ていきましょう!

歩行器、シルバーカーの違いは?

1.一番の違いは安定感

歩行器は、持ち手が体の横にくるため体が歩行器の中に入り安定感が増します。

シルバーカーは、持ち手が前方にくるため体が前傾姿勢になりやすいです。ただ体が入らない分カゴの部分が大きく作れるため物を運ぶことに関してはシルバーカーがいいです。

2.歩行の違い

歩行器は足元が歩行がやりやすいように、フレームを工夫して歩行ができる幅を確保しています。そのため歩行がとてもしやすいです。

シルバーカーはそこまでのスペースを確保をしていないので、歩行時に足がフレーム当たることがあり機種によっては歩行がし辛いことがあります。

3.歩行器は介護保険が適応される

歩行器は介護保険が適応されるため保険を使いレンタルをすることができます。通常は定価で4~5万円するような手すりも、ひと月数百円でレンタルすることができるため経済的です。

シルバーカーは介護保険対象外なので実費で購入するしかありません。

介護保険のレンタル制度の付いてはこちら


以上の結果からすると歩行器の方がいいように思いますが、実はそうとも限りません。

シルバーカーは、歩行器比べると軽量の物があったり、かごの容量が大きかったりしますデザインもスタイリッシュなものが多いので歩行器までは使いたくないという方にはとても便利です!

また、使う環境によって選び方も変わってきますので詳しい内容は、お近くの福祉用具業者やケアマネージャーに相談することをお勧めします。

実際に使っている方でも気になることがあればコメントをお寄せください!