2020年5月16日

介護食~とろみをつける意味~

投稿者: kaiteki-kaigo

今回は介護食でよく使われる「とろみ剤」を解説していきます!このとろみ剤は慣れると簡単ですが最初は加減がわからず困ることが多いです。

なぜとろみをつけるのか?

人は誰でも高齢になるにつれて筋力が落ちてきます。いろんな筋力の衰えがありますが「飲み込む力」も衰えてきます。

「飲み込む力」が衰えてくると”誤嚥”を起こします。”誤嚥”とは食べ物が食道ではなく気管に入った状態ですね。こうなると怖いのが「誤嚥性肺炎」です。異物が入ったことにより炎症を起こし肺炎を起こしてしまいます。

肺炎は死亡原因第3位のとても怖い症状です。それが誤嚥から始まるのですから、毎日の食事は気を付けていかなければなりません。

誤嚥を防いでくれるとろみ!

とろみをつけることで飲み込みがとてもしやすくなります。食べ物が口の中でバラつかないため食道の方に流れやすくなります。

子供が薬を飲むときに使う「服薬ゼリー」と同じ感じで飲み込みやすくなるんだね!
これで誤嚥のリスクが下がるから気を付けていきたいですね!

今度はとろみ剤を実際に使って各メーカーのとろみ剤比較などやってみたいですね!みなさんも使ってみたい商品がある場合はコメント欄にでも書き込んで下さい!