2020年8月13日

介護保険の単位数が足りない・・・そんな時は福祉用具を購入!

投稿者: kaiteki-kaigo

介護保険を使ったサービスを多く使っていると出てくる問題があります。単位数の限度額問題です。

妻のために、デイサービスと訪問リハビリ、福祉用具を使っているがこれ以上は単位数が足りない。
もっとサービスを充実させたいがどうすれば・・・

通常は介護サービスの内容の調整や見直しをして、単位数の限度額内で収まるようにケアマネジャーが調整をします。

調整を行っても単位数の限度額内に収まり切れない場合は、利用者の介護区分が適正でない場合もありますので「区分変更」を行います。区分変更を行い介護区分が上がれば、限度額の上限も上がりますのでその分サービスを追加する事ができます。

ですが区分変更を行っても確実に区分が上がるとは限りません。場合によっては変わらずか介護区分が下がることもあります。

そんな時は福祉用具の購入を検討してみましょう!

福祉用具の購入?それも検討したけど簡単に買えるような金額じゃないよ!!

確かにその通りです。福祉用具は高いです。でも安く買える方法があります!

インターネットで福祉用具を購入

今の時代はインターネットでなんでもお買い物ができます。福祉用具ももちろんネットで購入ができます。

ネット上での価格競争はとても激しいため販売店も価格を低くする傾向にあります。中には新品でも驚くほど安い価格で販売されている商品があったりします。

ただし注意点があります。

  1. 実物が見れない為使用感がわからない
  2. 類似品が多く見つけにくい
  3. メンテナンス、アフターフォローがない

介護保険を使ったレンタル商品であれば、お試し利用ができ、専門のスタッフが選定をしてくれ、メンテナンスやアフターフォローもしてくれます。

ネット購入になると対面販売ではない為、そこの点に気を付ける必要があります。

実際にネットで購入する場合は、使用したことがある商品を型番で検索することが間違いないと思います。

福祉用具の中古品を検討する

今の時代はネットで検索すればなんでも出てきます。新品だけでなく中古品も検討してみてはどうでしょうか?

ネットが価格が安いといっても新品の物はある程度の値段はします。

ですが中古品になるとさらに安く福祉用具を購入することができます。

半額以下や3分の1以下の物も多くあります。中古品になりますので劣化などもありますが、物をしっかり選べば十分に使えます。

多少劣化があってもしっかり使えるものとしては、

  • 手すり
  • ベッド

などでしょうか。

置き型の手すりなどはメンテナンスも少なく壊れるような箇所もほとんどないため長く使えるものが多いです。

ベッドなども基本の耐用年数が長く作られているため頑丈なものも多いです。

他の商品も十分に使えるものは多いですが、商品による劣化の差が大きいため販売事業者と相談することができれば購入を検討してもよいと思います。

相談してよく検討を

今回はネットで購入することを書いていきました。確かに安くいいものを買うことができますが、そうでない場合もあります。購入業者としっかり話ができるのであればしっかりと行いましょう。

またケアマネージャーや関係の福祉用具業者にもしっかりと話をしてじっくりと検討をすることをお勧めします。

今回はあくまでも最終手段としての購入の話ですが、レンタルができるものはレンタルで利用をした方が良いです。その方がメンテナンスもしっかりしていますし、身体状況にあったものを使うことができます。